FC2ブログ

ぼくらの七日間戦争

ぼくらの七日間戦争

Story: 校則と親にウンザリしていたの“史上最大のイタズラ作戦”を描いた宗田理の原作小説を宮沢りえ主演で映画化。宮沢りえの映画デビューを飾った。監督は『写真甲子園 0.5秒の夏』の菅原比呂志。
ある日、校則に反発した青葉中学の一年・菊地ら男子生徒8人が失跡した。彼は自衛隊の廃工場に立てこもっていたが、学校側は体面を取りつくろうばかり。そのうち、ひとみら女生徒3人も加わり、11人での自炊生活か始まった。しかし、居場所がバレて教師や親が説得にやってきた。その場はなんとか追い返したが、子供たちはバリケードをつくり武装を始めた。体育教師の酒井らはエンジン・カッターで工場のシャッターを壊して侵入。ひとみらは地下からついに戦車まで持ち出した。学校側も機動隊の出動を要請したが、どさくさに紛れ、ひとみらはマンホールから外に脱出するのだった…。
製作国:日本 / 製作年:1988年 / 日本劇場公開日:1988年8月13日 / 配給:東宝 / 上映時間:94分

【人気ランキング】【とれまが】【人気映画検索】
[高画質で再生]会員限定で見れない場合はこちら
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

おすすめ無料映画缶
Posted byおすすめ無料映画缶