FC2ブログ

極道の門 第四部


番組情報
数多くの任侠作品を世に放つ村上和彦が改めて問う! 任侠とは、そして、極道とは何か―。大阪、昭和45年、秋――。飛田新地の地上げの一件により、大政組と義道会は一触即発の関係であった。土砂降りの雨の中、大政組若頭補佐・尾形敬三(宅間伸)と大政組若衆・村田龍治(木村一八)が歩いている最中、突如義道会の刺客5人に囲まれ、尾形は絶命……。しかし、龍治はその刺客達を、たった一人で叩き斬ったのであった!! 龍治は浪速警察署にて拘留、警察側はこの五人斬りの事実を信じれずにいたが、事件発生場所であった龍泉寺の住職・藤村壮海(火野正平)は、正当防衛として龍治の無罪放免を説く。事件により大政組と義道会は抗争寸前の緊張状態へとなったが、築港の大浜組組長・大浜鶴吉(加納竜)が両者の手打ちを取り持つ。しかしその弔慰金の額に不満を持つ義道会会長・太田黒(野口雅弘)により、更なる悲劇を招くこととなる……。※1作目のあらすじとなります。

出演者
木村一八 下元史朗 加納竜 波岡一喜 飛野悟志 黒石高大 宮下敬夫 武蔵拳 火野正平 石原和海 三村晃弘 赤松紘季 上平瀬守 中山峻 GDX aka SHU 渡祐大 川上貴史 後藤成樹 若松唯行 青波信仁 藤田昌英 柴田時江 影野臣直 村上和希

再生時間
01:26:04

【人気ランキング】【とれまが】【人気映画検索】
【あらすじ】

大阪、昭和47年、夏――。二代目大政組若頭補佐・村田龍治(木村一八)は銃弾に倒れ、病床に伏していたが無事退院することができた。しかし、大政組と義道会の間での抗争は続いており、大政組の組員が次々と殺されていった。義道会は大浜組傘下に入ったことで、勢いを強めていった。大政組・組長の鹿島(下元史朗)は体制を立て直すため、不在の若頭の地位に村田を迎えることに決めた。村田を若頭として迎えた大政組は義道会ではなく、親の大浜組との抗争に備えるが―。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

おすすめ無料映画缶
Posted byおすすめ無料映画缶