FC2ブログ

首領への道 劇場版 第二部


番組情報
首領への道 劇場版 シリーズ任侠のバイブル「首領への道」が遂に映画化! 豪華キャストで送るやくざ一大巨編!大阪・十三。島田組が十三に開帳した賭場に警察の手入れが入った。島田組の組員桜井(清水健太郎)とその兄弟分の金沢(中野英雄)は、背後に島田組と敵対する白虎会がいることを知る。二人は白虎会の幹事長大津(橋本真也)を呼び出させてその命を奪うが、その際金沢は撃たれて負傷し、すべての罪を一人でかぶって12年の刑に服することとなる。白虎会会長の城崎(本郷功次郎)は密告という卑劣な行為が理由の抗争は出来ないと、三田村組の会長三田村(小林旭)に仲裁を依頼するが、島田組の若頭成田(力也)が、大津の配下の組員に銃撃され死亡したのだ。手打ちは流れ、両組は一触即発の対立を深めていく――。※1作目のあらすじとなります。

出演者
清水健太郎 白竜 中野英雄 和泉元彌(友情出演) 小林旭(特別出演)

再生時間
01:25:18

【人気ランキング】【とれまが】【人気映画検索】
【あらすじ】

桜井の命を狙うものは必ず死ぬ――」。越智(白竜)の非情な宣言により、島田組ニ代目・佐久間(小林勝彦)の舎弟たちは若頭・桜井(清水健太郎)に対する反感を強めていった。そして、佐久間の病死を期に遂に島田組内部分裂の危機が訪れようとしていた。桜井・越智を排除すべく行動を起こし始める島田組舎弟頭・梶原(火野正平)。島田組三代目組長をめぐる跡目争いは三田村組、松岡連合をも巻き込み、血で血を洗う抗争へと発展していく。首領への道を歩き出した桜井鉄太郎の行く手には、修羅の世界が待ち受けていた―――!


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

おすすめ無料映画缶
Posted byおすすめ無料映画缶